« 10節を終えて | トップページ | いま、鳥肌が立ちました(マリノス戦雑感) »

2009年5月10日 (日)

まあまあ

東京を愛してやまないみなさま

こんばんは。イ・グノの2点目が凄すぎて鼻血がでそうな男!でお馴染みの一本松でございます。昔、お母さんからよくこう言われました。「無いものねだりは良くないわよ、吾郎。あるもので我慢しなさい!」うひゃひゃ~(壊れ気味に)。

という訳でいってまいりましたJリーグ11節VS京都戦@味スタ。結果はご存知の通り0-0のドロー。お互い分けのないチームが、初の引き分けで仲良く勝ち点1を分け合う形になりました。

で、試合の方はと言いますと。。。最終的なシュート数にも表れているように(東京19京都9)基本的には攻める東京、守る京都という構図。というよりも今日とはパウリーニョとディエゴ、あと、たまに林くらいしか攻めてこなかったですね。5連戦の疲れもあってか、基本的には引いてカウンターって戦い方に見えました。両SBもほとんど上がってこなかったですからね。

東京は試合運びとしては上々の出来。どの時間帯を見ても主導権を握っていたと思うし、カウンターへのケアもしっかり出来てました。しかしまぁ点が入らないですね、寂しいことに。何度か迎えた決定機もシュートは枠の外だったりGKの好セーブにあったり(まぁこれは仕方ないですが)。深刻なのはセットプレー。平山が入って迫力は出たものの、もう100本近く蹴ってるのにいまだセットプレーからの得点は0!昔、オシムが代表の監督やってた頃に、「プロならばCKが4、5本あれば一つは決めないといけない」ってなことを言ってたと記憶してますが、ここまで来たら事故って入るのを祈るくらいしかできないですね(苦笑)。

で、その攻撃陣はユースケに変わって平山が先発。平山は全体的にいい仕事してたと思います。70分くらいにエリア内でパス選択した時にはずっこけたけど(正確には脱力して着席した)。カボレが復帰したら、ユースケ・赤嶺・平山の中から相棒探しってことになると思うんですが、個人的には平山を辛抱して使って欲しいです。城福監督は中央・サイドどちらにも偏ることなくバランスよく攻めること(だと思ってるんですけど合ってますかね?笑)。3人ともそれぞれ一長一短はあるんですが、中央もしくはサイドに流れて平山がキープすることからそのバランスが生まれると思うんだけどなぁ。

GW連戦も終わり、次ぎは1週間後にマリノス戦。今日も大分に逆転勝ちと復調しつつある相手ですね。しっかり休んで次こそ勝利を見せて欲しいですね~。

ではでは、今日はこの辺で。おやすみなさい~。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村 サッカーブログへ

|

« 10節を終えて | トップページ | いま、鳥肌が立ちました(マリノス戦雑感) »

試合レビュー」カテゴリの記事

FC東京」カテゴリの記事

コメント

悪くはなかったんです。
たしかに。

でもやっぱり決定力のなさには、情けなくなります。

Kも同じないものねだりしてました。
来たばっかりのイグノは無理として、ポポをいただいて、カボレとのコンビを見たいそうです。あとはディエゴやマト。


いえいえ、東京の選手の覚醒を祈ります。

投稿: パプキン | 2009年5月10日 (日) 01時58分

>パプキンさん
ゴンちゃんのコメントに「サッカーは守備だけをするスポーツではないので」ってのがあありましたよね。FWだけの責任だとは思わないですが、相手ゴールに一番近いところでプレーしてるんですから奮起して欲しいですよね・・・。次ぎは勝てると信じてまたいそいそとスタジアムに向かいます(笑)。

投稿: 吾郎 | 2009年5月10日 (日) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089168/29539408

この記事へのトラックバック一覧です: まあまあ:

« 10節を終えて | トップページ | いま、鳥肌が立ちました(マリノス戦雑感) »